calendarcodediamondfacebookfingerglobalgoogleplushatenahomepagetopplainpocketrssservicetwitterwordpresshome2searchfoldernext-arrowback-arrowfirst-arrowlast-arrow

Python : モジュールとはクラスや関数をコードを書いたファイルである

Python のクラスや関数をコードを書いたファイルはモジュールと呼ばれる。モジュールをまとめたものを、パッケージと呼ぶ。パッケージの中身は、モジュールやサブパッケージが集まっている。通常、目印として__init__.pyを配置する。

エンジニア速報は Twitter の@commteで 1 日 5 回配信しています。

Sponsored Link

モジュールのポイント

  • クラスや関数をコードを書いたファイル
  • 自作のモジュールを作ることができる
  • 目印として__init__.pyを配置する

モジュールのインポート

モジュールのインポートは以下のように記述する。

import モジュール名

モジュールの使い方

モジュールの中の関数を使うには以下のように記述する。

モジュール名.モジュール内の関数名

数学の機能をまとめた math というモジュールを使う場合。

import math print(math.pi) # πの値

関数を、そのままの名前で書くとこうなる。

from モジュール名 import モジュール内の関数名
from math import pi print(pi) # πの値

複数のモジュールをインポートする場合は、関数名をカンマ区切りする。

自作モジュール

自作のモジュールを作ることができる。読込元のファイルに関数を書き、読込先でインポートする。

foo.py

def h(a, b): print(a + b)

foo.py を import する。

読込先のファイル

import foo foo.h(1, 2) # 3

以下の書き方でも同じ結果になる。

from foo import h h(1, 2) # 3

Python おすすめ本

スポンサード リンク

Comments

Leave a Comment

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください