calendarcodediamondfacebookfingerglobalgoogleplushatenahomepagetopplainpocketrssservicetwitterwordpresshome2searchfoldernext-arrowback-arrowfirst-arrowlast-arrow

Python
Python 入門。基本的なテクニックから組み込み関数や特殊メソッドなど、初心者がつまずきやすいポイントを分かりやすく解説。

Python : 文字列の基本操作編(str 型、改行、エスケープ、連結、演算、オフセット、スライス、置換、変

このページでは Python で使われる文字列の基本操作方法を網羅的に述べる。 目次 文字列のポイント str

Python : bool 型は真理値を扱う型

bool 型は int 型の派生クラスであり、bool 型の値は True と False 、2 つの組み込み定数だけである。条件を

Python : コンテキストマネージャは with 文の前後で処理を実行する

コンテキストマネージャとは、with 文に対応したオブジェクトである。コンテキストマネージャーを使うと、必要なときに正確にリソースを

Python : デコレータは既存の関数に機能を追加する関数

デコレータを使うと、既存関数に対してコードの変更なしに処理を追加することができるようになる。デコレータを使うことによって、コードの重

Python : yield を使う関数をジェネレーター関数、内包表記を使うものをジェネレーター式という

英語の generate は「生成する、生む」という意味がある。Python におけるジェネレーターはイテレータ(for 文で繰り返

Python : sorted() は、イテラブル要素を並び替える関数である

sort()は元のリストをソートするメソッドに対し、sorted() は、常に新しいオブジェクトで返す関数である。 sorte

Python : hasattr() はオブジェクトの属性の有無を調べる

hasattr() は、文字列がオブジェクトの属性名(メソッドやプロパティ)の一つであった場合 True を返す。オブジェクトが指定

Python : getattr()はオブジェクトの属性の値を返す

Python は動的型付き言語なので、プログラム実行中にオブジェクトの属性を追加したり、削除することができる。getattr()は、

Python : filter()はイテラブルの要素を絞り込む

filter()は、イテラブルの要素を絞り込む。第一引数に関数、第二引数にイテラブルを指定する。イテラブル要素を順に関数に渡し判定す

Python : callable()は、呼び出し可能オブジェクトかどうか判定する

callable()は、呼び出し可能オブジェクトを判定する組み込み関数である。呼び出し可能オブジェクトとは、関数やメソッドのように