calendarcodediamondfacebookfingerglobalgoogleplushatenahomepagetopplainpocketrssservicetwitterwordpresshome2searchfoldernext-arrowback-arrowfirst-arrowlast-arrow

なぜ週2回のブログ更新は継続しやすいのか?

blog_2time

週1回の更新は続けなくなる

会社のスタッフ全員で「週1回のブログ記事を書いてみよう!」という企画をやってみた事があります。結果からいうと企画開始2ヵ月目で全員やらなくなりました。悲しい・・・。一体何故やらなくなったのでしょうか?

PR
IT/WEB業界への転職なら
Sponsored Link

週1回の更新では習慣化しにくい

週に1回と決めていたのですが、これが続かない。週に1回だと、例えば月の頭で4記事書いてしまえば1か月はもちます。しかし月の頭に1か月分のストックを作ってしまうと、油断して2週間から3週間ほど間を空けてしまう。まだストックがあるから大丈夫だと翌月まで記事を作らない。

かといって毎週決まった日にブログ更新するのは、ついつい忘れてしまう。

そうやって、一度「後回し」にするとそれが習慣になり・・ついには更新ストップ。僕の会社がまさにそれでした。

週2回の更新はどうか?

現在僕は週に2回程ブログ更新しています。本来毎日更新するのが望ましいですが、コンテンツを薄くしたくなかったので週に2回にしてみました。結果から言うと、週2回更新は継続しやすいです。

なぜ週2回更新は継続しやすいのか?

  • 間が空き過ぎないので、習慣(勢い)が途切れにくい
  • 週に2回程だったら、週末に作れる
  • 残りの週5日は余裕を持って記事ストックなどを作れる

過密すぎず、適度に間隔が空くのでバランスが良いのでしょうね。

最適な更新日時は?

僕個人の感覚ですが、ビジネス関係だと、月・火・水曜日の9時~10時の時間帯に更新するのが一番反応が良いです。美容・食関係だと日時はテレビメディアに左右されます。時間帯は10時~15時頃まで。娯楽関係だと金・土の10時過ぎですね。

ターゲット層

  • ビジネス関係:出社したサラリーマン
  • 美容、グルメ:主婦層
  • 娯楽:日曜日に遊ぶ予定の人達

時間帯

  • ビジネス関係:9時~10時、12時~13時
  • 美容、グルメ:10時~15時、20時~21時
  • 娯楽:22時~1時

つまり「コムテブログ」の場合は月・火・水の9時~10時に更新すれば効率的です。月・火・水は週3日なので、週に3回の更新でも良いです。

HPとブログの違い

ユーザー サマリー - Google Analytics-002333上は僕が運営している娯楽サイト(学生向けHP、公開から1年)の月間ページビュー。赤い○が土日です。分かりにくいですが、平日に比べるとアクセス数は微妙に上がります。(ちなみに上のサイトは3カ月に1回の更新。PVは少ないですが安定しています。)

wordpressやMTなどのブログは頻繁に更新しないとアクセスは減ってしまいます。それに比べてHPは安定しますね。ブログはあくまでもサブとして位置づけます。

HPでアクセス数を増やすには、緻密な構成と技術が必要になってきます。SEOの知識も必要不可欠です。しかしブログであれば「書く」だけで良いので集客ハードルは低くなります。

ブログ更新の秘訣

  • 更新頻度を週2回に
  • ネタはevernoteにストックして整理する
  • 自分なりの解釈やアイデアをまとめた「下書きノート」を増やしていく
  • 少し寝かせておいて、肉付けしていく
  • ブログ記事とは別に「自分日記」をつける。ここからブログのアイデアが生まれる事がある。

 

毎日ブログ更新する人はネタに困らないといいます。意外ですよね。アウトプットの回数を増やしていくと「些細な事でもネタにしてやろう」と常に思うようになるので、間を空ける人よりもネタ作りが上手くなります。

そうやってさらに更新を続ける事が出来る。つまり習慣の一部となっているので、後は惰性で継続出来るという事ですね。

間を空け過ぎず、無理のない間隔で更新しましょうというお話でした。

スポンサード リンク

この記事を書いた人
投稿者:commte

株式会社コムテ代表取締役。2015/8:弊社にてWeb制作スクールを開始。 WebDesign + Web制作 (最新情報 配信)。おっとりした話し方をするおっさん。

URL:西田 鉄平
この後によく読まれている記事

Comments

Leave a Comment

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください