calendarcodediamondfacebookfingerglobalgoogleplushatenahomepagetopplainpocketrssservicetwitterwordpresshome2searchfoldernext-arrowback-arrowfirst-arrowlast-arrow

コンテンツを生み出す8個+7個+無料ストレージ4個

コンテンツを生み出す方法8

前回の記事「ブログが更新出来ない時のエバーノートを活用した解決方法 」で少し足りなかった部分を補足。コンテンツを生み出す方法8個+便利ツール7個+無料ストレージ4個を「ブログの更新が行き詰った時用に」メモ。

PR
IT/WEB業界への転職なら
Sponsored Link

「気楽に・簡単に・適当に作る」と意外と良い物が出来る。

① 普段色々なツールや情報を「気楽に」ストック(evernoteへ)

② 思いついた事を「簡単に」1行位で書いておく

(自分では一行アイデアと呼んでます)

③ ②番目の一行アイデアを「適当に」肉付けして広げていく

④ ブログ画像は編集後、肉付けされた記事に貼りつけておく

⑤ 上記の手法を繰り返し、ある程度記事をストックしておく。情報収集も同時進行。

⑥ 記事をストックし、ある程度「寝かせておく」事で間違いを発見したり、違う視点で編集出来る事がある。

⑦ 投稿する時は「この記事で大丈夫だろうか?」と不安がらない。

⑧ 「どうにでもなれ!」と勢いに任せて投稿する

後々簡単に記事が作れるように「効率性」も大切

  • 記事のテンプレート(ひな形や構成)は決めておく。
  • 公式サイトのヘルプなどをクリップしておき参照する
  • 画像は必ず使いたいので、フリー画像をストックしておく

PCの容量を取ってしまう画像ファイルは無料ストレージへ投げておく(定番4個)

収集した画像は横幅を決めておき一括リサイズしておく(統一感を出す事でブログが見やすくなる)

※「気楽に思いついた事や画像を普段ストックおき、暇な時に編集する。日本語文法などは気にしない」。とにかくストックは大切。何でもそうですが「構え過ぎると」、行動力が鈍って何も出来なくなります。「気楽にやってやろう」位の気持ちが「手早く」ブログを更新出来るんじゃないかなと思います。

この記事も始めは「ブログは気楽に」という・・・たった一行のテキストでした。それが15分程でこれ位の情報量のテキストに変化。ともあれコンテンツに出来ました。

スポンサード リンク

この記事を書いた人
投稿者:commte

株式会社コムテ代表取締役。2015/8:弊社にてWeb制作スクールを開始。 WebDesign + Web制作 (最新情報 配信)。おっとりした話し方をするおっさん。

URL:西田 鉄平
この後によく読まれている記事

Comments

Leave a Comment

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください