calendarcodediamondfacebookfingerglobalgoogleplushatenahomepagetopplainpocketrssservicetwitterwordpresshome2searchfoldernext-arrowback-arrowfirst-arrowlast-arrow

人生を変える~ジェームス・ボンドに学ぶ魔法のおっさんテクニック

Image

「ボンド、ジェームス・ボンド」

これ以上「潔い」自己紹介があるだろうか?

映画『007』シリーズで登場する主人公の自己紹介だ。

肩書きなどいらない
俺は実力で勝負する

という強いメッセージ。

肩書きがなければ、何も出来ないお偉いさん達とは大違いだ。理屈っぽいインテリもどきな男子も、ボンドから見ればメスだろう。

自慢も武勇伝もいらない、実力は行動で証明する

今回はジェームス・ボンドの言葉から、超「雄」な言葉を紹介する。究極の人生転換方法はこのなかにある。

PR
IT/WEB業界への転職なら
Sponsored Link

自信を持つ方法

 

人を殺める覚悟さえできれば、「00」の番号をもらうのは簡単さ

お前が自信なんか持っていないことを、お前は一番よく知っているだろう。しかしそんなものを最初から持っている人間などいない。

自信をつける最高の手段は「覚悟」を持つことだ。ビジネスで何より大切なのは覚悟。腹をくくったら、自信のほうから擦り寄ってくるんだ。

退屈を捨てろ

 

神々が打ち滅ぼさんとしたいしもの、まず退屈なり
(退屈は人間を腐らせる)

平穏ゆえに、つらいと感じたことがあるだろう?安心を求めたはずなのに、いざ平穏な毎日を送ると、いたたまれない気持ちになったことがあるはずだ。

安心と保険を選んだのに、生きてるのか死んでるのか分からない。刺激のない毎日は最もストレスを生む。お前は知っているはずだ、リスクのない人生がどんなにリスキーかを。だから俺は行動で魂に熱を与えるんだ。

決断力は練習量に比例する

 

すぐに料理を決められる相手で助かったよ

即決・即断がボンド流。これはビジネスだけではない、女性でも男性でも日常で絶対に欠かせない重要な要素。普段から即決する癖をつけておかないと、いざという時にもたもたしてしまう。メニューを即決できる男は家族を守れる可能性も高い。

危機感をもつナイトであれ

 

一度王になれば常に王。だがナイトは一度きり

ビジネスマンは誰もがナイトだ。結果が出ても気を緩めると誰かに出し抜かれてしまう。次に勝てる保証がないのがナイト。ならば勝てる時に徹底して勝つこと。稼げるときは躊躇しない。

こだわり=色気

 

卵の茹で時間はきっちり3分20秒で

こだわりを持つことは、自分を持つということ。ボンドはドンペリは3度以下で飲む、ビートルズは耳栓をして聴く、紅茶は飲まないなどのこだわりをもつ。

こだわりとは、自分を貫くと同意だ。個を出さない日本だからこそ、こだわりは強力な個性となり、色気に変わる。こだわらないとセクシーになれない。

自信は能力を2倍にする

 

悪い男のほうがスリルよ

イギリスには「自信は能力を2倍にする」ということわざがある。ここでいう悪い男とは、根拠もないのに確信を持って行動する人間。根拠がないから自信なんだ。

悪い男しか知らないことがある。それは自信を持たない人間は、自信を持つ人間に寄ってしまうということだ。

魅力家であれ

 

一度、この味を知ってしまうと、これしか飲みたくないんだ

女性をカクテルに例えた後、女性に「このカクテル(私)は後味が悪いでしょ」と言われて返した言葉。つまり、「お前という女は癖になるんだよ」という意味。

照れずに堂々と発するのがボンド流。もし照れてしまったら、効果半減どころか逆効果だ。

愛を封印する

 

愛とは優しさと欲情の混じったもの

愛とは何なの?と女性に言われて返した「割り切った」かのような言葉。ボンドらしい言葉だが、これに関しては意見したい。

愛とは「会話が無くても、お互いに安らぎを覚えること」。駆け引きや、気の利いた言葉が無くても気持ちが見えること。

※ボンドに影響されたのか、ウイスキーを飲みながら記事を書いてます。ストレートで4杯目です。氷を入れるとアルコールが薄くなるからまずい。

なんだか記事が変な感じになってるような気もしますが、たまには良いでしょう。

ジェームズ・ボンド 「本物の男」よりセリフのみ抜粋。内容はコムテブログ風に変えてあります。

007 / スカイフォール

ScreenClip

ボンド:007戻りました
M:一体どこへ?
ボンド:死の世界へ

12月1日(土)公開 007 スカイフォール / 公式サイト

12/1公開『007 スカイフォール』予告編 / Youtube

スポンサード リンク

この記事を書いた人
投稿者:commte

株式会社コムテ代表取締役。2015/8:弊社にてWeb制作スクールを開始。 WebDesign + Web制作 (最新情報 配信)。おっとりした話し方をするおっさん。

URL:西田 鉄平
この後によく読まれている記事

Comments

Leave a Comment

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください