calendarcodediamondfacebookfingerglobalgoogleplushatenahomepagetopplainpocketrssservicetwitterwordpresshome2searchfoldernext-arrowback-arrowfirst-arrowlast-arrow

魔法のように記事をすらすら読んでもらえる11のコツ

d2443805-8d7c-4bad-80f7-d5ba93ef44dd

ブロガーのお仕事は、情報を読者に分かりやすく伝えることです。

難しい言葉はいらないし、深い内容でなくてもいい。ただ、記事をすらすら読んでもらえるように、細工が必要です。

今回は、文章の基本テクニックを「150字からはじめる『うまい』と言われる文章の書き方」からご紹介します。

PR
IT/WEB業界への転職なら
Sponsored Link

1.「体言止め」をつかう

名詞で終わらせる表現。体言止めは文章に余韻を残したり、強調したりすることができる。体言止めとは

 

通常文:冬は素晴らしい季節です。私は冬が大好きです。

体言止め①:素晴らしい季節。冬。私の大好きな冬。


体言止め②:僕の一番好きな色、それは紫。気持ちが滅入っていても、この色を見ると元気が出ます。

2.結論+エピソード型

伝えたいメッセージを最初に書いてしまうパターン。よくみられる使いかた。ポイントを読者に伝えやすい。

 

僕は、積極的な人間です。初対面でも自分から話します。セミナーに参加した時も積極的に質問しました。

3.二重表現をやめる

二重表現とは「下に下がる」というように、同じ意味を2重に書いてしまう表現。二重表現をやめる。

 

最終結論

結論 or 最後のまとめ

はっきりと明言する

明言する or はっきりと言う

4.あいまいな言葉をやめる

「とても・全然・まるで」のようなあいまいな言葉を副詞という。具体的な数字に置き換える。

 

とても長い時間休みなく働いた。

18時間休みなく働いた。

5.弁証法(結論+反論+回答)

まず①結論を書く。次に②反論、最後に③回答を書く。

 

①結婚は純粋な思いでするものです。②しかし、純粋な思いだけではうまくいかない。お金や時間の問題が発生するからです。~<省略>~③結婚には、経済力を共に獲得したうえで、誠実な思いが必要です。

6.「の」を3つ以上続けて使わない

文章から「の」を削除するだけで、読みやすくなる。

 

福岡市浄水場検査結果が出ました。

福岡市検査結果が出ました。浄水場の水です。

7.漢字とひらがなを使い分ける

全て漢字に変換しない。現代の文章には現代の言葉を使う。

 

僕は漫画家になりたかった。然し、なれなかった。

僕は漫画家になりたかった。しかし、なれなかった。

 

※あえて使わないほうがいい漢字

  • 其の→その
  • 或いは→あるいは
  • 且つ→かつ
  • 尚→なお
  • 但し→ただし
  • 予め→あらかじめ
  • 既に→すでに
  • 事→こと
  • 内に→うちに

8.「こと」を連発しない

「~こと」という言葉を連発して使うと目障りな文章になってしまう。順序を変えたり、違う言葉で置き換えるなどして使用回数を減らす。

 

×:一番大事なことは、人生の目的を見つけることです。目的を見つけることがしっかりできていれば、他人の言動や態度にいちいち振り回されることはありません。

◯:一番大事なのは人生の目的です。目的をしっかり見つけていれば、他人の言動や態度にいちいち振り回される心配はありません。

9.「~という」は減らす

「~という」が一文の中に2箇所以上入っていたりすると、まどろっこしい印象を与えます。リズムも悪いですね。思い切って削除できます。

 

×:生きるということは、罪を犯すということでもあります。人間は食べるために「殺生」という罪を犯しているのです。動物にも植物にも命があります。その命を守り育てるという心を失ってはいけません。

◯:生きることは、罪を犯すことでもあります。人間は食べるために「殺生」の罪を犯しています。動物にも植物にも命があります。その命を守り育てる慈悲の心を失ってはいけません。

10.達・頃・時はひらがなに

達・頃・時を感じで使うと文章が重く感じてしまいます。どれも、あいまいさを含んだニュアンスがあるので、ひらがなを使います。

 

  • 大人達 → 大人たち
  • 街が寝静まる頃 → 街が寝静まるころ
  • そんな時には → そんなときには

11.「に」と「へ」の使い方と違い

「に」は特定の場所や時間を示す

「へ」は漠然とした場所や時間を示す

 

×:大学に行く
◯:大学へ行く(大学=漠然としている名詞)

×:明治大学へ行く
◯:明治大学に行く(明治大学=はっきりしている名詞)

今回ご説明した内容は、文章における細工の部分です。

文章の内容を一番理解している人は、誰よりも分かりやすく内容を伝えることが出来る。この意識を持っておきたい。

シンプルな文章は最もむずかしい。上手よりも分かりやすく。

スポンサード リンク

この記事を書いた人
投稿者:commte

株式会社コムテ代表取締役。2015/8:弊社にてWeb制作スクールを開始。 WebDesign + Web制作 (最新情報 配信)。おっとりした話し方をするおっさん。

URL:西田 鉄平
この後によく読まれている記事

Comments

Leave a Comment

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください