calendarcodediamondfacebookfingerglobalgoogleplushatenahomepagetopplainpocketrssservicetwitterwordpresshome2searchfoldernext-arrowback-arrowfirst-arrowlast-arrow

最近気になったWebデザイン系ジェネレーターまとめ

ここ最近気になったWebデザイナーにとって役立ちそうなツールをまとめました。

PR
IT/WEB業界への転職なら
Sponsored Link

配色

50色選択した後に右上の「Start Training」を押すと人工知能がカラーパレットを作成してくれます。デュオトーンのパターンがあるのは嬉しい。生成までに少し時間がかかります。

Khroma

色を指定すると、グラデーションや膨大な数の色の組み合わせ(差し色・ナチュラル・似た色など)が生成されます。

ColorSpace

モックアップ

スクリーンショットなどの画像をモバイルデバイスにはめ込んだモックアップができます。提案時に使えそうです。

Dimmy.club

カラーパレットをクリックすると、PC・モバイルなど様々な配色の提案をしてくれてUIに反映させることができるオンラインツール。

Pandacolors

ツイッターやFacebookに投稿された時のサムネイル画像の見え方をチェックできます。

サルワカ アイキャッチ画像サイズチェッカー

コード生成

Microdata、CSS3、ツイッターカードなどのコードを生成。対応ブラウザも表記してくれるのでありがたい。

The Ultimate Website Code Generator

面倒なtransformプロパティmatrix3d()関数のコードを生成。

matrix3d

様々なボタンエフェクトを確認し、その場でコード生成。

ボタン ホバーエフェクト

アイコン、ロゴ

ファビコン・iOS App icon・Android App iconなど色々なサイズのアイコンを生成してくれるジェネレーター。画像をアップロードできるので、小さいサイズにした時の視認性などを確認する時にも便利。

Logo Crunch

名前とキーワードを入れるとシンボルマークとフォントを使ったロゴを生成してくれる。

Brandmark

スポンサード リンク

この記事を書いた人
投稿者:commte

株式会社コムテ代表取締役。2015/8:弊社にてWeb制作スクールを開始。 WebDesign + Web制作 (最新情報 配信)。おっとりした話し方をするおっさん。

URL:西田 鉄平
この後によく読まれている記事

Comments

Leave a Comment

コメントする