calendarcodediamondfacebookfingerglobalgoogleplushatenahomepagetopplainpocketrssservicetwitterwordpresshome2searchfoldernext-arrowback-arrowfirst-arrowlast-arrow

UbuntuにWordPressをインストール

最初にMacやWindowsなどにVirtualBoxをインストールして、Ubuntuをインストールしておきます。前回、Vagrant+Virturlbox+VCCWの使い方(Mac/Windows)を書きましたが、今回はUbuntuの中でlamp(Linux/Apache/MySQL/PHP)をインストールしてWordPressを立ち上げる簡易的な方法です。

PR
IT/WEB業界への転職なら
Sponsored Link

Lamp インストール

lamp(Linux/Apache/MySQL/PHP)をインストール、設定します。

sudo apt-get update
sudo apt-get install tasksel
sudo tasksel install lamp-server

ubuntu に lamp をインストールして apache+php+MySQL 環境を作ったメモ

ディレクトリ /var/www/html が作成されました。ブラウザにlocalhostと入力すると表示されています。

rootに切り替えます。

sudo su -

/var/www/html/で、info.php を作成します。

vi info.php

内容はこちら。

<?php
  phpinfo();
?>

localhost/info.php を見てみると表示されています。

WordPressをインストールする

最新のWordPressを入手

ディレクトリを作る場合は

mkdir ディレクトリ名
cd ディレクトリ名

として、最新のWordPressを入手します。

wget http://ja.wordpress.org/latest-ja.zip

zipを解凍

unzip latest-ja.zip

wordpressディレクトリ以下全てを現在のディレクトリに移動させる

mv wordpress/* .

空になったwordpress/以下を削除

rmdir wordpress

※権限変更はWordPressがブラウザに表示された後がよいです。

WordPress用のデータベースを作る

# データベース作成
mysql> create database データベース名;

# ユーザーcommteを作成
mysql> CREATE USER ユーザー名;

# パスワード設定
mysql> SET PASSWORD FOR ユーザー名@localhost=PASSWORD('パスワード');

# 操作権限付与
mysql> grant all privileges on データベース名.* to ユーザー名@localhost;

# 操作権限更新
mysql> flush privileges;

WordPress のインストール - WordPress Codex 日本語版

後は「localhost/WordPressを置いた場所」をブラウザで開いて設定すればOK。うまくwp-config.phpの作成ができない時は、wp-config-sample.phpからwp-config.phpを複製し、ホスト名やデータベース名などを設定。

WP-CLI のインストール

cd
curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar
chmod +x wp-cli.phar
sudo mv wp-cli.phar /usr/local/bin/wp
cd /var/www/html
wp cli version

所有者の変更

このままではプラグインや管理画面でのファイル編集ができなくなるので、権限を変更します。

Ubuntuにてapacheでエラーで出たのでデフォルトの実行ユーザーである「www-data」に変更。

chown -R ユーザー名:www-data WordPressが置いてあるディレクトリ名

パーミッションの変更

一旦全てのファイルを604に変更し、ディレクトリ3つを705に、wp-config.phpを600に、.htaccessは606に変更します。

chmod 604 wp-*
chmod 705 wp-admin
chmod 705 wp-content
chmod 600 wp-config.php
chmod 705 wp-includes
chmod 606 .htaccess

Changing File Permissions « WordPress Codex

【WordPress】ワードプレス推奨設定 パーミッション・権限設定でセキュリティ対策をしよう。【wp-admin】 | elstreet

エラーが出る場合

「Failed to start httpd.service」といったエラーがでる場合。

UbuntuディストリビューションはDebian系なのでapache httpdのサービス名はhttpdではなくapache2となるそうなので

sudo service httpd start

としても「Failed to start httpd.service: Unit httpd.service not found.
」というエラーメッセージが表示されます。

Apacheに関しての設定は「apache2」を使います。

sudo service apache2 status

Apacheの基本設定ファイルの場所

httpd.confとはApacheの基本設定ファイルのことです。CentOSは/etc/httpd/conf/に格納されていますが、Ubuntuの場合、Apacheのhttpd.confの場所は、/etc/apache2/の中のapache2.confとなります。

cd /ect/apache2/

lampアンインストール

lampをアンインストールしたい場合は

sudo tasksel remove lamp-server

で削除できます。

スポンサード リンク

この記事を書いた人
投稿者:commte

株式会社コムテ代表取締役。2015/8:弊社にてWeb制作スクールを開始。 WebDesign + Web制作 (最新情報 配信)。おっとりした話し方をするおっさん。

URL:西田 鉄平
この後によく読まれている記事

Comments

Leave a Comment

コメントする