calendarcodediamondfacebookfingerglobalgoogleplushatenahomepagetopplainpocketrssservicetwitterwordpresshome2searchfoldernext-arrowback-arrowfirst-arrowlast-arrow

ズルイくらいに凄い!アクセスアップのコツ 30

Blog-Improvement

ポイントだけおさえて、アクセスアップしたい

試行錯誤している時間はないし、コツだけつかんだらコンテンツに集中したい。

先日アクセスが上昇した記事を書きましたが
今回は「最短でアクセスを上げる」為に必要な重要ポイントを書いておきます。

もちろん、一番役に立ったサイトのURLも記載しておきます。

※2013/04/10:SEO対策に関する過去記事を修正しました。

根拠を示すデータや統計がある記事はアクセスアップしやすい

※2016/06/08 追記:ここ1年で「SNSで話題になったニュース記事を自分なりの考察を添え、1000文字以上書いて毎日配信する」という実験を、別ドメインで行ってみたのですが、ほぼ圏外にすっ飛んでいましたし、その記事は拡散性が低かった。その中でも唯一上位に食い込んだ記事に共通していたことは「根拠を示すデータや統計がある内容」でした。

インタビューで得た内容だったり、巷に出回ってない資料や統計であったり、ターゲットとのコミュニケーションが発生している内容。自分の考えや意見を書いたり、タイトルや内容に独自の情報が存在するだけでは駄目なんですね。

大切なことをまとめると

  • 根拠を示すためにデータや資料を企業から引っ張り記事内で提示する
  • 独自の情報を引き出すための営業(インタビュー)する

が課題となりそうです。

継続的にアクセスをアップさせるために、気づいたことをリストアップすると

  • 旬ネタは超ニッチキーワードになりやすいのか、時間経過とともに流入が減り続ける
  • 根拠のない自分考察より、根拠を示すデータや統計があると信ぴょう性が増すのか、上位表示されやすくなる
  • ~論や考え方系は誰も読まない、検索エンジンすら読まないと心得る
  • インタビューや資料など独自の情報は○

ということになりそうです。つまり、文字数だけ増やしたり、ライターさんに外注するだけでは意味が無くなるということです。

PR
IT/WEB業界への転職なら
Sponsored Link

もくじ

アクセスを上げるタイトルのつけ方
1.タイトルと冒頭の書き出しで決まる
2.感情を刺激したり、特定の人達に語りかける
3.簡単でシンプルな記事にする
4.説明的なタイトルにする場合も「短く」

たくさん読まれる記事の書き方
5.「3行で一段落」を目安に改行
6.なるべく「ひらがな」を使う
7.画像や動画を使う
8.見出しをつけて流し読みでもわかるように
9.言葉を削ぎ、順序を入れ替える

コンテンツの作り方
10.キーワードからページを作る
11.ブログネタが切れたとき
12.アイデアが欲しいとき
13.ネタが無い時は海外記事から探す

色々なところからアクセスを取り込む方法
14.SNS RSS twitter連動系リンク一覧
15.無料プレスリリース一覧
16.国内ソーシャルサイト一覧
17.海外ソーシャルサイト一覧
18.有料ディレクトリサービス一覧

上位検索に強くなっていく方法
19.過去記事からアクセスをひろう方法
20.内部リンク最適化

ソーシャルで拡散させる方法
21.ツイッターからのアクセスを増やす
22.拡散タイミングを知る
23.サムネ画像付きにする
24.Twitterの時間帯別,曜日別アクセスパターン

アクセスが上がらないときに試してみること
25.ファーストビュー広告を外してサイト評価を上げる
26.タイトル下のAdSenseに注意する
27.記事数を減らしてPV(ページビュー)を増やす
28.アクセス数を増加させる方法100
29.Googleのアルゴリズムとペナルティ
30.検索エンジンが順位を決定する要素をためす

アクセスを上げるタイトルのつけ方

1.タイトルと冒頭の書き出しで決まる

title1
タイトルで1回目、書き出しで2回目の判断がされるのは確かです。タイトルと冒頭の書き出しに多くのリソースをかけてもいい。

2.感情を刺激したり、特定の人達に語りかける

2

感情を刺激したり、ハローエフェクト(権威)を使う。大勢に語りかけるタイトルではなく、特定の人達に語りかけるタイトルにすること。

3.簡単でシンプルな記事にする

簡単でシンプルな記事が、もっともブックマークされる。専門用語は噛み砕くべし。なぜ興味を持たれないのかを分析。

4.説明的なタイトルにする場合も「短く」

4

記事の要約をタイトルに書いてしまって読者の興味をひく方法。説明的なタイトルにする場合も「短く」すべし。

たくさん読まれる記事の書き方

5.「3行で一段落」を目安に改行

5

おおよそ一段落が3行以上になる文章は冗長な印象を与える。「3行で一段落」を目安に改行していくと読みやすくなる。

6.なるべく「ひらがな」を使う

6

難しい言葉は避けて、なるべく「ひらがな」を使う。ただし、ひらがなが多くなって読みにくくならないようにバランスを考えて使う。

7.画像や動画を使う

7

画像を入れる、見出しをうまく使う。見出しや画像を入れることによって、長い文章でも「休憩」しながら読めるようになるし、分かりやすい。

8.見出しをつけて流し読みでもわかるように

見出しをつけて流し読みでもわかるようにする。そうです、「流し読み」をサポートするんです。

9.言葉を削ぎ、順序を入れ替える

9

言葉を削ぎ、順序を入れ替える。実はこれでかなり読みやすくなる。このサイトを見て、書き方が変わったのは確か。

コンテンツの作り方

10.キーワードからページを作る

10

adwords tool からキーワード抽出して記事を作成していく方法。僕の経験談ではブログよりも、更新のいらないようなホームページでページを増やす時に活用。

最初から見込み客を狙うページをつくるので、更新なしでもある程度集客できる

11.ブログネタが切れたとき

ブログに一貫性をもたせなくてもいいという考え。でないと続かないです。

12.アイデアが欲しいとき

KJ法、NM法、なぜなぜ5回法など。テーマをカードに書き出したり、分類分けがめんどうな時はexcelに書き出して整理整頓していくのもイイ。

13.ネタが無い時は海外記事から探す

翻訳記事は重複ページとして認識されない。グーグル的にアリだということ。

色々なところからアクセスを取り込む方法

14.SNS RSS twitter連動系リンク一覧

14

サイトを立ち上げたばかりだと、ナチュラルリンクを獲得するのは難しいかもしれない。こちらは外部からのリンクを簡単に習得する方法。

15.無料プレスリリース一覧

15

プレスリリース無料配信・掲載 56サイト一覧。プレスリリースの書き方などもある。

16.国内ソーシャルサイト一覧

ソーシャルや質問掲示板などから被リンクを獲得する方法と一覧。

17.海外ソーシャルサイト一覧

海外の人気のソーシャルブックマークサイトなど。

18.有料ディレクトリサービス一覧

有料ディレクトリ一覧やサービス詳細。

上位検索に強くなっていく方法

19.過去記事からアクセスをひろう方法

19

過去記事からアクセスをひろう方法。手を抜きがちな部分だけど、ユーザーは過去記事にもアクセスする。

20.内部リンク最適化

20

内部リンクの最適化として使用するタグ。タグクラウドやコメントなど。これも需要な要素なのでチェックしておく。

ソーシャルで拡散させる方法

21.ツイッターからのアクセスを増やす

21

人は「自分に関係のありそうな記事しか読まない」。関係あると思わせるにはどうすればよいのか。

22.拡散タイミングを知る

ソーシャルメディア上での拡散タイミングを知る。

23.サムネ画像付きにする

文章で書いても伝わらないことでも画像にすると伝わりやすくなるというのは、今や必須事項。

24.Twitterの時間帯別,曜日別アクセスパターン

24

最もReTweet(クチコミ伝播)しやすい時間帯は,夜の22-24時,午前中で言うと10時前後。でもジャンルやプロファイルによって変わってくるので、あくまでも参考までにとどめておこう。

アクセスが上がらないときに試してみること

25.ファーストビュー広告を外してサイト評価を上げる

ファーストビュー(最初に目に入る部分)に広告があるとマイナス評価を受ける可能性があります。とありますが、これは僕も実感していたことです。

26.タイトル下のAdSenseに注意する

ページレイアウトアルゴリズムでは、ファースビューに広告が多いサイトやメインコンテンツまでの距離が遠いサイトの評価が下げられる可能性があります。

27.記事数を減らしてPV(ページビュー)を増やす

低品質なコンテンツがサイトの一部にしか存在しない場合でも、サイト全体の掲載順位に影響を与えることがある。

28.アクセス数を増加させる方法

サイトのトラフィックを上げるために行う方法を100ほど書いてある。施策が無い時にやってみよう。

29.Googleのアルゴリズムとペナルティ

パンダ・ペンギンアップデートの基礎知識を把握しておく。

30.検索エンジンが順位を決定する要素

日米SEOプロ60人のグーグル&ヤフーに対する考え方をまとめてある。記事は古いけど今に通じるものもあるので、時間があれば読んでみよう。

以上、アクセスを最短で上げる為の方法をざっくりとご紹介いたしました。

スポンサード リンク

この記事を書いた人
投稿者:commte

株式会社コムテ代表取締役。2015/8:弊社にてWeb制作スクールを開始。 WebDesign + Web制作 (最新情報 配信)。おっとりした話し方をするおっさん。

URL:西田 鉄平
この後によく読まれている記事

Comments

  1. 三昧 より:

    自分のサイトに試してみます。
    ありがとう

Leave a Comment

コメントする